環境にやさしいレジ袋「バイオマスレジ袋」 バイオマス化でCO2排出削減

環境にやさしいレジ袋「バイオマスレジ袋」 バイオマス化でCO2排出削減

2020年7月から施行されるレジ袋有料化法は、
レジ袋などのプラスチック製買物袋の使用量削減を目的としています。
それでも必要とされる買物袋には、環境に配慮したタイプであるべきとされています。
やむを得ず無料提供する場合の袋には以下の3つのタイプがあります。

無料で提供できる 3つのタイプの袋

  • バイオマス材料25%以上使用した、環境に配慮した袋

    【バイオマス材料の認証マーク】

    日本バイオプラスチック協会のバイオマスプラマーク
    日本有機資源協会のバイオマスマーク ※数字は植物性由来度を示します
  • 袋の厚みが50㎛(0.05㎜)以上の繰り返し使用できる袋で、「この袋は厚さ50㎛以上であり、繰り返し使用することが推奨されています」というような旨が表示された袋
  • 微生物によって海洋で分解される、海洋生分解プラスチックの配合率が100%のもの

バイオマスプラスチックってなに?

バイオマスとは、動植物や生物の遺骸・排泄物、農産物などを指します。
バイオマスプラスチックはこうした素材、一般的には、じゃがいも、さとうきび、とうもろこし、大豆、タピオカなどの再生可能な植物を元に作られます。

吉沢工業には、さとうきび由来の原料を使用した「SUGAR GREEN」シリーズがあり、環境に配慮したレジ袋やポリ袋、空気緩衝材用などを製造しています。

バイオマスプラスチックの循環図

さとうきび由来のバイオマスプラスチック「SUGAR GREENシリーズ」

さとうきび由来のバイオマスプラスチック「SUGAR GREENシリーズ」

石油由来ポリエチレンと同じ「エチレン」から作られたさとうきび由来のポリエチレンは品質面、物性面は石油由来と同等であり、当製品に切り替えた重量の3倍のCO2排出量を削減することができます。あわせて、石油資源の節約にもつながります。

  • 石油由来ポリエチレンと同等の品質・強度
  • CO2排出量の削減
  • 石油資源の節約
CO2排出量の削減
バイオプラ認証マーク入りレジ袋(既製品)
CO2排出量の削減
オリジナルのポリエチレン袋

レジ袋有料化 診断テスト

あなたが提供している買い物袋はどんな袋か診断してみよう!

レジ袋有料化 診断テスト
お問い合わせフォーム バイオマスレジ袋についてお気軽にご相談ください

レジ袋有料化 Q&A

いつからレジ袋有料化になりますか
2020年(令和2年)7月1日からです。
有料化の対象となる袋は
プラスチック製のレジ袋や持ち手のついた買物袋、商品を購入後持ち帰るために使用する袋全般が対象です。
今配布しているレジ袋や買い物袋は7月1日以降も配布できますか
例外対象の袋でない場合は、1円/枚以上の有料配布ならば使用可です。
お客の都合や商品の都合でどうしても無料配布したいのですが…
繰り返し使用できる50㎛(0.05mm)以上の袋、バイオマス材料が25%以上使用の袋、海洋生分解性100%の袋で且つ、その旨の表示がある袋ならば、無料で配布可能です。
今も50㎛以上の袋を無償配布しており、そのまま無償配布として使いたいです
50㎛以上で繰り返し使用できる袋である旨の表示をしなければ、無償配布はできません。
バイオマス材料を使った袋の場合、必要な表示はありますか
日本バイオプラスチック協会のBPマーク、日本有機資源協会のバイオマスマークのいずれかの承認認証を受け、そのマークを表示する必要があります。
法律を守らなかった場合の罰則などはありますか
勧告→是正→罰金の3段階の罰則となります。
レジ袋を辞退したお客にポイントの付与を行っていますが、これからも続けられますか
有料化が前提であることから、マイバッグ等持参で袋を辞退した場合であっても、商品値引きやポイント付与などの利益供与はできません。
有料化で得た収益はどうしたらよいのでしょうか
事業者が判断するものとした上で、消費者の理解促進の観点から使途について事業者から自主的に情報発信することを推奨しています。
お問い合わせフォーム バイオマスレジ袋についてお気軽にご相談ください